何のゴミに出せば良いのか

捨てる時の方法を勉強しよう

読み終わった本を捨てる場合は、燃えるゴミではなく資源ゴミに含まれます。
紙製品は燃えるので、燃えるゴミで良いと思っている人が見られます。
しかし燃えるゴミでは、リサイクルされず焼却されてしまうのでもったいないです。
しっかり紙を再利用できるように、資源ゴミに出してください。
毎週資源ゴミを回収する日が決められているので、その時に出してください。

新聞やチラシと一緒に、バラバラにならないように紐でしっかり縛っておきましょう。
スーパーなど広い施設にも、資源ゴミの回収ボックスがあります。
地域の回収日に出し忘れてしまった場合や、回収する日まで待てない場合は回収ボックスに入れてください。
新しい紙を作れるよう、リサイクルしましょう。

業者に引き取ってもらう

不用品回収業者に、本を引き取ってもらう方法があります。
たくさんあって、自分で出しに行くのが難しい人は業者を利用してください。
業者は、自宅に来てくれます。
ですからこちらの体力を消耗することはなく、楽に本を処分できるでしょう。
本を捨てる時に、もったいないと躊躇する人が見られます。
しかしもう読まない本がずっと家にあっても、邪魔なだけでしょう。

思い切って捨ててください。
また子供が小さい頃に呼んでいた絵本には、思い出が詰まっています。
どうしても捨てられない場合は、特に子供が気に入って読んでいた絵本を1冊だけ残して後は処分しましょう。
それなら思い出を残せます。
連絡すれば、すぐに業者が来てくれます。
急いでいる時にも便利です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る